買い替えタイトル
◆他機種買い替えセール___特別価格にて対応いたします!
ごく自然発生的に生まれた「他機種買い替えセール」
 長い年月、逆浸透浄水器の製造・販売にたずさわってきますと、いろいろなものが見えてくるとともに新たな発見もあります。つまり、消費者の皆さまがなにを求め、どんなセールストークに惑わされるのかもわかってきました。当社の逆浸透浄水器を長年愛用してくださっているお客さまとはすでに信頼関係ができており、なんの憂いもなくフィルター交換などをしていただいています。けれども、水という、身近にありながらもその中身が定かでないものを商品としているわけですから、当然、いかがわしい業者も存在します。消費者に商品知識がないのをいいことに、ただ儲けのためだけに消費者不在のビジネスを展開する輩はあとを絶ちません。

 そうした業者から購入した機器のなかには、まるで商品の体を成していないものも数多く、私たちもそれらを苦々しく目にしてきました。そんな経験のなかから、安心して長く使いつづけるホンモノの逆浸透浄水器を広く普及させるためには、悪しき機器を一台でも世の中から駆逐することが急務ではないかという自然発生的な思いが芽生え、平成23年から「他機種買い替え制度」という、同業他社には真似のできないしくみをつくり上げたのです。

なぜ、買い換えをおすすめするのか
 逆浸透浄水器は他の一般の浄水器とは異なり、逆浸透膜(ROメンブレン)の働きによって高い浄水能力を発揮します。このことが、何度も述べているように、多くの"にわか水業者"を生み出しました。使いにくい並行輸入の機器であっても、できあがる水が「安全でおいしい」のですから、消費者の側からすればそのことに目を奪われ、その機器のしくみや使い勝手については深く考慮することなく業者の言葉のみを信じてしまうことになります。

 そして、「フィルター交換は簡単」と説明されていた消費者は、いざそのフィルターの交換の段になってはじめて、取り扱いの難しさに直面することとなります。実際、逆浸透浄水器は機種にもよりますが、そのしくみからしてフィルター交換がとてもわずらわしく、素人には手に負えるものではありません。それは「水圧の負荷」や「チューブの脱着」等がともなうからです。そこで仕方なく業者に依頼することとなり、余計な出費を余儀なくされます。。

 むろん、それですべてが解決するのであればまだしも、フィルター交換を頼もうとしたら、その会社がなくなっていてフィルターが入手できないといった事態も起こります。当社にもそうした方からの依頼がときおりあります。逆浸透浄水器はフィルター交換によって高い性能を維持しており、また、長期に渡って使うものということから、そうしたケースの場合、お客さまによく説明をし、多くの金銭的負担をかけずに、当社の機種に切り替えることをおすすめしています。

買い換えをおすすめする機種
 現在、他社の逆浸透浄水器を使っており、お客さま自身が使いにくいと感じている機種であれば、そのすべてを対象としています。また、なんの効果もないアルカリイオンやパイウォーターといった機種についても、買い換えの対象としています。これは、車などで行われる下取りということではなくたんなる買い換えです。当然、買い換えをすすめるからには、お客さまに大きな金銭的負担をかけることなく、メーカーならではの「特別価格」にて対応 機種1 させていただいています。

 これまでに買い替えていただいた他社の逆浸透浄水器については、以下に示した画像のような形状のものが多く、ほとんどが並行輸入の機種で、オリジナルを旨とする当社では一切手を出さない製品です。これらの機器のなにが「ダメ」なのかという理由について順を追って説明します。

 右上①の機種は、現在、アンダーシンクタイプ(シンク内収納型)としてもっとも市場に出回っているタイプの並行輸入の機種です。見るからにごつい感じでとても使いにくい機種ですが、それにもかかわらず、なぜ市場にこのタイプのものが多く見られるのかといえば、逆浸透浄水器の高性能に惚れ今田でにわかに参入してきた素人の水業者が、まず 機種2 は手っ取り早くビジネスにしようとして容易に入手しやすいこの機種の並行輸入に走ったからにほかなりません。

 つまり、輸入したものを右から左にそのまま売るだけで、使い勝手についてはなんの考慮も工夫もなされていないところがこの機種の怖いところです。フィルター類も、ケース内のフィルターを専用レンチを用いてケースから外して交換するのですが、強い水圧がかかっていて外しにくく、水が吹き出すことが多々あります。

 ②のシンク内に取り付けられた機種も①と同じ方式ですが、狭いシンク内にあって本体がシンクに固定されているために、とてもフィルター交換がやりにくいものです。逆に、機器を固定せずに置くだけ 機種3 にしている場合は、フィルターをはずす際に力をかけると本体部分が動いてしまい、たいへん苦労させられます。

 ③の機種はフィルターそれぞれをつないでいるチューブをはずして交換する、使い捨てフィルタータイプです。これはインラインフィルタといってフィルターそのものを直接チューブにつなぐという、フィルター類のなかでもっとも古い形式のものです。当然、交換時にはチューブの脱着が必須となりまが、この脱着が素人にはたいへん難しく面倒で、わずかの装着ミスが水漏れにつながる機種です。

 ④はカウンタートップタイプ(卓上型)の、機器の内部にあるフィルターをやはりチューブを脱着して交換するものです。すべてのフィルターをインシュロック(結束用ビニール)でがっちり固定してあり、これをハサミで切ってからチューブをはずして交換するのですが、交換 機種4 を終えたあとインシュロックを常備している家庭などあるはずもなく、各フィルターがばらばらになったままで、いったいどうしたらいいの? と、呆然としてしまいます。まさに、その場しのぎの典型で、我々プロが一見しただけで、とうていお客さまによる交換は不可と感じる代物です。そもそも、こうした作りにしているアメリカ(製造は台湾・中国・韓国が多い)のメーカーのデリカシーを疑わざるをえません。やはり外国と日本では、商品に対するコンセプトが大きく異なっているということです。

 加えて、⑤のレンタルサーバーの宅配の水を利用している場合も、水をよく知る私たちからすれば、思わず「気の毒に…」とつぶやいてしまうほどに高いコスト(月に数千円~1万5千円超) 機種5 を支払わされています。しかも、簡単に契約の解除ができないケースもあるようです。宅配サーバーの水の多くは逆浸透水(RO水)です。この水を飲むのであれば、わざわざ高額なお金を毎月支払ってレンタルする必要などまったくありません。初期投資をして、家庭に逆浸透浄水器を設置してしまえばいいのです。

 そうなれば、月々のランニングコスト(フィルターの交換のみで可)は、当社 の機器でいえば、確実に2,000円以下に軽減されるばかりか、重い水ボトルを交換する手間もなくなります。しかも、いつでも好きなだけの量が毎日使えるのです。この買い替えセールを機にご家庭に逆浸透浄水器を設置し、安全でおいしい水を飲んでいただきたいと願っています。

 いうまでもありませんが、これらの機種はすべてお客さまが実際に使いにくい、あるいはコストがかかると指摘されたものであり、いたずらに当社が誹謗したり他社の営業を妨げているわけではけっしてありません。なにはともあれ、逆浸透浄水器は使い勝手のいいこととアフターサービスの万全が必須であり、安心して安全でおいしい水を飲みつづけるために、ぜひとも当社の「買い替えセール」をご活用ください。ご一報いただければただちに「買い替え特別価格」にて対応させていただきます。
◆当社製 旧機種買い替えセール___もちろん、特別価格にて対応いたします!
旧機種の現況
 1992年(平成4年)からいち早く逆浸透浄水器の製造・販売にかかわってきた当社には、長年にわたる愛用者が大勢いらっしゃいます。当然ながら、10数年以上も水を通しつづけていますと、部材の劣化や耐用期間の限界などにより、わずかながらでも問題が生じてくることがあります。加圧ポンプの不具合や圧力タンクなどの機能低下などが主ですが、そうした際をきっかけとして、修理よりも新機種に乗り換えることをおすすめしています。

 さらにもうひとつ、買い換えをおすすめる要因として、アメリカのメーカーからの部品(フィルターやその他の部材)調達が難しくなる場合が上げられます。アメリカでは企業の合併などによって、部材の生産停止や仕様の変更等がしばしば起こり、日本では調達不能という事態が生じます。国内に同等品があれば問題はありませんが、サイズや電圧などの規格が異なったりして代替ができず、お手上げ状態となります。そこで我々メーカーとしては、必然的に新機種の開発を余儀なくされることとなります。

最新機種は至れり尽くせりのすぐれもの!
 これまでの当社の逆浸透浄水器の変遷を機種別に述べますと、最初はカウンタートップ型の「アクアクィーンG-2」です。次いで、アンダーシンク型の「アールオーマスターUS-100/200」で、その後、同じアンダーシンク型の「アールオー・マスターGF-100/200」と続きます。長いあいだ主力を占めていたこの「アールオー・マスターGF-100/200」は、上記の理由により現在は製造・販売を中止しています。フィルター交換は当社に在庫があるかぎり可能ですが、アメリカでは廃番となっています。また、フィルターハウジング(カートリッジを入れるケース)も廃番で、オーリングの劣化などで水漏れが生じたとしても対処ができません。

 現在は、これ以上の改良は不要という自信作である新機種「アールオー・マスターGF-300P」となりまして、旧機種への買い換えがいままさに進行中です。この「アールオー・マスターGF-300P」は、当ホームページの中でも解説しているように、外観は変わらないものの格段に使い勝手がよくなり、フィルターは一体型の簡単なネジ込み式で、いっさい水に触れることなく誰にでも簡単に交換ができます。メインの逆浸透膜の性能も大幅にアップし、造水量も多くなって短時間でタンクにたまるようになりました。いままで、フィルター交換を出張依頼していたお客さまも、当社からフィルターを送るだけで自分で交換できるようになり、余計な費用の軽減となっています。また、工事もまったく不要で、旧機器本体のチューブをはずし、そのまま新しい機器につなぐだけですみます。

いま、旧機種の最新機種への買い替え進行中。!
 当社では毎年の定期フィルター交換などを通じてお客さまとの長年の機器への信頼感があり、加えて、新機種導入のメリット等を説明することで快く買い替えに応じてくださいます。このように、当社が買い換えをすすめることが、たんに利益のみを目的としたものではなく、最新機種に交換することによるメリットの大なることを率直に述べていることを、お客さま自身が明確に理解してくださるからこそ、買い替えに応じてくださるのです。まさに、逆浸透浄水器を介した販売者と消費者との絆にほかなりません。

 むろん、いまお使いの旧機種になんの不都合もなければそのまま使い続けていただいてもかまわないのですが、逆浸透浄膜をふくめた全フィルターの交換時期にはそれなりの金額がかかりますので、そうした時期を機に最近機種に乗り換えることをおすすめします。もちろん、買い換えに際してはお客さまへの負担を少しでも軽減するため、利益を度外視した「特別価格」にて対応させていたたきますので、ぜひともご検討ください。この「買い替え制度」により、喜びを新たにするお客さまと、さらなるおつきあいがつづくうれしさと責任を痛感しているところです。